交通事故被害は弁護士へ

不幸にして交通事故被害に遭ってしまったら、被害者本人とその家族は、大きな不安を抱え心に傷を負います。受けた被害に応じて慰謝料や損害賠償請求を行ううえで、自力ですべて対応するのはとても難しいと思います。示談交渉は被害者自身で法律の知識と時間何よりも気力がしっかりしていれば、できないわけではありません。しかし、加害者側と示談交渉を行う上でも様々な法律の知識が必要になります。被害者自身が、被害者に有利な条件を相手方から引き出してしっかり賠償を勝ち取ることは、現実にはなかなか難しいと思います。交通事故後の損害賠償責任は民法に基づいて行われます。例えば交通事故は民法709条に定める不法行為ですから、被害者は不法行為による損害賠償責任を負います。また、自動車損害賠償保障法いわゆる自賠責法第3条にも自動車事故の際の損害賠償責任が規定されています。つまり、加害者側との交渉に当たっては、民法や自賠責法、さらには道路交通法などの関連法令を理解し、法律の手続きに沿って請求しなければなりません。

加害者側の交渉相手は、加害者が加入する保険会社の交渉担当者です。事故に巻き込まれて被害者になった人間が療養しながら加害者側と交渉を自身で行うのは、現実的ではないのではないでしょうか。長期間にわたる可能性もありますし、加害者側に支払い能力がないと開き直る可能性もありますし、保険会社自体が被害者側が望む保険金すべての支払いに応じない場合もあり得るからです。このようなことを考えるとやはり、交通事故被害に遭ったら弁護士に相談するのが得策だといえます。