弁護士相談で慰謝料が増える理由

最後に、弁護士に慰謝料請求を依頼することで、慰謝料増額を勝ち取れる可能性があります。その理由は、慰謝料の算定基準が、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の三つあることにあります。被害者側が任意で交渉すると対応する自賠責保険会社は、保険会社の基準をベースに金額を提示してきます。しかし弁護士に依頼すれば弁護士の基準で交渉を行うため、より被害者側の実情に応じた結果が得やすくなるのです。弁護士基準のベースは、過去の判例を元にしているため、別の言い方で裁判所基準とも呼ばれます。

自賠責保険基準は、自動車運転手に義務づけられている自賠責保険の基準であり、被害者に対しての保障は必要最低限です。被害者にとって納得のいく金額からは程遠く、たいていの場合は任意保険基準で算定するようですが、それでも、自賠責基準より多少上乗せしただけの慰謝料を提示する場合もあるようで、このあたりの見極めが重要です。

任意保険基準は、保険会社が独自設定の基準で、概ね、自賠責基準と弁護士基準の間位だと考えられますが、会社によって相当の違いがあるようです。弁護士基準は、交通事故の判例を元に算出した計算方法です。弁護士基準と自賠責基準では3倍以上の差があるため、どの水準を元に算出するかで結果が大きく変わります。